学校紹介

曽爾小学校は、今年で開校17年を迎えます。曽爾村の2つの小学校が平成14年に統合してできた学校です。

平成15年には施設・設備の整った鉄筋3階建ての校舎が完成しました。内装にはふんだんに地元の木材を使用しているため、校舎に入るとあたたかさや落ち着きが感じられます。

曽爾村と言えば、すすきで有名な曽爾高原があるところです。奈良県の東端、三重県に接する地に位置し、鎧岳、兜岳、屏風岩(室生・赤目・青山国定公園)などの風光明媚な山々が連なり、自然豊かなところです。

近年、国立曽爾青少年自然の家・ファームガーデン・お亀の湯・サンビレッジなどの施設がつくられ、年々曽爾村を訪れる観光客が増えています。歴史的には、古事記に「漆部(ぬるべ)の郷」と記され、古代は漆の生産地でありました。また江戸時代から受け継がれてきた獅子舞(奈良県無形民俗文化財指定)があります。


所在地  〒633-1214 奈良県宇陀郡曽爾村長野62
       TEL0745-94-2020 FAX0745-98-2100

・アクセス バス利用 近鉄榛原または名張駅より 長野停留所下車
       乗用車   宇陀市榛原より 国道369号線
              三重県名張より 曽爾名張線

2018(H30年度)児童数
学年 1 2 3 4 5  6
児童数 9 8 8 4 5  5 39



本校の教育方針

教育目標 
『心豊かで、夢に向かって自ら学び続けるたくましい児童の育成』
『い』  いいことを進んでする子
『き』  気持ちのよい返事やあいさつができる子
『い』  いつも進んで学習する子
『き』  きまりや約そくを守る子
『そ』  曽爾村を愛する子
『にっ』 にっこり笑顔のたえない子
『こ』  心やさしい子
よく考える子 自分も人も
    大切にする子
たくましい子
○学習準備の定着
○書く力を高める
○意欲的な学習態度
○読書をする習慣
○気持ちのよいあいさつ
○正しい言葉づかい
○人との出会いから学ぶ
○校舎を大切に使う
○自然の中で活動
○体を動かして遊ぶ
○食育の推進
○体力の向上

                  

保護者・地域・学校評議員・関係機関との連携


〜将来大きな場で活躍できるたくましさと、
    常に自分の力を発揮する勇気と自信を持った児童の育成を目指す〜